カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ

 

会社概要

基本理念 至誠

        【四季の恵みに感謝をし幸せを咲かせる】

〜古来より美しい四季の恩恵受け、その自然の恵みに感謝をして、すべての人に小さな気くばりと心くばりを「心のこもったおもてなし」として感動や驚きを四季折々の自然美とともに、こころにたくさんの花を咲かせていく〜

山国町英彦山を源流とした豊かな水を齎せてくれる山国川、その流域の渓谷は豊かな四季折々の自然美耶馬渓の景勝があり、私たちにはその豊かな自然を同じ目線で見つめ、尊敬の気持ちを持って接する豊かな心が育まれてきました。春の花、夏の蝉時雨、秋の紅葉や冬の雪景色は、有名な歌人でなくても詩に詠い、「生けた花を愛でる」習慣が古くは平安時代まで遡りたとえば枕草子などの文献資料からもたどることができ、また、季節の草花は庶民の家にもいつも飾られています。さらに、桜や紅葉に季節の風情を感じ歩くことを現代の日本人も大きな楽しみとしています。この様なことからも、日本人ほど自然の美しさに風情を感じ、また、生活様式の中に積極的に取り入れている民族はいないでしょう。
 古来より美しい四季の恩恵を受け、その自然の恵みに感謝し、すべての人に小さな気くばりと心くばりを「心のこもったおもてなし」として感動や驚きを四季折々の自然美としてこころにたくさんの花を咲かせていきたい…

 

        【幸せを運ぶ四葉のクローバー】

         

(有)池田生花店のコンセプトの一つ「四葉のクローバー」。四つ葉のクローバーを見つけた人には幸運が訪れる。この言い伝えはヨーロッパに古くからありました。
四つ葉のクローバーは十字架を表し幸運をもたらすし、花言葉を「BeMine」、四葉の一枚はFame(名声)一枚はWealth(富)一枚はFaithfulLover(満ち足りた愛)そして一枚はGloriousHealth(素晴らしい健康)と、それぞれの葉に願いがかけられ、四枚そろって(真実の愛)を表し幸せを運んでくれるものとしてとても喜ばれます。また四葉のクローバーは、希望hope、幸福happiness、愛情heart、健康healthを表すともいわれています。

〜幸せが来るのをただ待っているよりは、自分自身が四つ葉のクローバーとなり周りのひとに幸運を齎せていきたい、いつか、きっと自分自身も幸せを感じられるはずだから〜

                【心得】

      古来より美しい四季の恩恵をうけ

      その大自然の恵みに感謝できるこころ

      いまある平穏な営みに幸せを感じ

      これまで育んでくれた故郷に感謝できるこころ

      多くの人たちに支えられ

      生かされていることに感謝できるこころ

      私たちはあらゆる魂に対して

      尊敬の念をもち思いやる心を大切にし

      私たちはあらゆる命に対して

      謙虚さと感謝するこころを大切にし

      自分の幸福よりも他が為に

      その誇りを宿命として

      人々のこころに幸せの花

      そして光輝く未来の花を咲かせます。

      こころの花 Cottage Flower Ikeda

会社名

有限会社 池田生花店

代表者

池田 修治 代表取締役社長

設立年月日

昭和5891

住所

大分県中津市沖代町1丁目538

TEL

0979-22-0171

FAX

0979-24-0878

配達エリア

中津市・福岡県築上郡(吉冨町・上毛町)・福岡県豊前市

取扱品目

生花・鉢物・ホテル、バンケットホール等のウェディング及びブライダルブーケ・プリザーブドフラワー・葬儀用生花・御祝用生花

history

1916年(大正5年)

日出町に創立

その後に

上博多町に移転

仲町に移転

金谷に移転


      

1935年 江三竹店に移転

      

         

現在はインフラ整備も充実され花の仕入れも物流流通の利便性により快適になりましたが、1950年頃から先代はバイクでリヤカーを引き、真夜中に下関の市場まで砂利道の中、松の木1本持ち仕入れに行っていました。市場では松の木をお金に換え食事を取り丸1日かけてリヤカーいっぱいに花を仕入れていました。

こころの花で人々に笑顔の花を咲かせるために


1969年丸和店にて独立開業

1974年JFTD(一般社団法人日本生花通信配達協会)加盟

1976年豊田町店に移転

1983年有限会社池田生花店設立

1986年沖代町に移転(現在に至る)