カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ

 

 観国乃光

観光についての議論では

まちづくり団体等ではイベントや活動…

行政等ではインフラやシステムの…

そんな手法ありきの話がされがちですよね。

イベントや活動ありきでは、活発に動き、物事を成し終えることで得られる、いわゆる自己満足で終える危険性があります。また、インフラやシステムでの制度や設備の開発では、利権で潤い、権力を行使し誇示する事で得られる、私利私欲や自己満足に終える危険性がありますよね。

愚痴を言いたいわけじゃなく、ここで言いたい事は、地域(まち)を思う気持ちは理解できるけれど

その根源となる心棒や大木を成す幹である「目的」を置き忘れて手法ありきの話がなされているという事です。

観光について考えてみます。

観光をググッるとその語源は中国の儒教の古典「昜経」にある「観国之光」(国の光を観る)(地域のすぐれたものを観る)から生まれたと言われているように、一般的に観光とは他の文化や歴史、風景や風物などを見物することですが、これによると「光を観る」と記されています。

では、その光とはなんでしょうか?

上記で述べたイベントや活動、インフラやシステムの全てが悪いとは思っていませんが

物事を成す事で終わる活動って他の国や地域の目線から見て「光」となっているでしょうか?

また、設備や制度が十分に整ってなくても、そこにある「光輝く」何かを求め多くの観光客で賑わっている地域もたくさんありますよね。

つまり、ここで考えてみたい観光とは、

国や地域の歴史文化などの物見遊山的な、いわゆる観光ではなく

そこで誰が何をしているのか

どんな思いが込められた何があるのか

それらに対する志や想いに心魅かれるもの

或いは、自分はそこで何を経験し何を感じ何をもって帰れるのか

そんな知的好奇心を充足される産業的なもの

だから観光って「そこにある光輝く」ものであり

それは、その地域で暮らす「光輝く人々」の志、想い、願いである「心」を指すのではないでしょうか。

もちろん、その地域で暮らす光輝く人々にとって重要なことは団体や行政など

誰かが何かをしてくれるのかではなく

今こうだから、理想とする未来に向けて

自分たちはいま何をしなければいけないのか

自分たちには何ができるのか

それらを真剣に考え感じ行動する事ではないでしょか。

まずは一人ひとりの心がけから見直していきましょう。

市民意識の変革の運動こそが、ひとづくり、まちづくり

そして観光へと昇華していくはずだから…

そこから始まるローカルパワー「地域力の創造」へ向けて。

地域に繋がっている価値、伝統をもう一度見つめてみよう

地域の課題に対しての解決策をコミュニティの力を結集し取り組んでいこう


皆から笑みが出るようなデザインを大きな大きな幹に集め描いてみよう


その結果が「観国之光」になるんじゃないかな。

航海

この航海の行きつく先は…

ギリシャ、イタリアに始まる欧州債務危機

それに連鎖する世界的経済危機。

そして日本を襲う危機は…

原油価格の上昇

それに相互作用し高騰する穀物価格

あまりにも不自然な円高圧力

また、急な政策に思えるかもしれないがTPPもしかり

次々に襲いかかってきていると言うより

実は以前から少しずつ忍び寄り確実に実行されている。

今思えば戦争というものを正当化した

湾岸戦争の時から描かれていた戦略であるかのように思えてならない。

これらから共通して見えてくるのはひとつ

日本の企業が、日本民族が、世界へと散っていくこと。

日本の唯一の資源が規律や節度を伴った

情熱や研究心などエネルギー溢れる人であるならば…

各企業はすでに各国へと散っていますが

円高圧力によりさらに世界へと。

散ったその先の状況が悪化すれば

また次に移ればよいって考え?

そこで働く人の家族は災難ですね。


そしてTPPの行く末はどうなるでしょう


TPPで輸出のばせるのかな?

本当にアジアの成長に寄与できるのかな?

その受け皿はあるのかな?


もしかして狙いは…

民族が、つまり日本の農家が、世界へと散っていくこと?

物の見方に寄っては、いや、自然な流れなのかな?

こんな考え方もできますね。


超未来では国家間など必要なくなるのかもしれないですね

しかし、歴史は変えられないし

文化を失うのは考えられないことです


この航海の先はどこなのか分かりませんが

せめて

地球に対する徳によって道筋を描いて欲しいものです。

せめて

地球にとって徳となる港であってほしいものでね


ちなみに

利権がらみの飼い犬にはなりたくないから

野良犬でいきます。

未来の選択

選挙の公約として当たり前の装備となったマニフェスト。

我々の暮らす地域でも首長選挙の公示がなされ、いわゆる選挙活動がはじまりました。

ここで暮らす市民により希望に満ちた未来への選択が行われるはずです・・・

中央集権から地域主権型社会への転換が問われています。

あるべき首長、地方議会の在り方。

国の借金って誰に背負わすの。

この国の唯一の資源であるのは人

それを育む教育大切さ。

さらには国家100年の計は教育にありって言われるように

今問われる教育の在り方。

我々の無関心や贅沢により悲鳴をあげているこの地球。

また、想定内はないって

そんな事を学んだ東日本の大震災。

誰でもわかる材料はたくさんあります。

選択の必須材料

10年後の地域(まち)はどんな地域に?

20年後、30年後、40年後、50年後は・・・

その為にまずは4年後の地域はどうあるべきか?


なんでも反対、排気ガスまき散らし、大きな声で名前を叫ぶ競争・・・

自慢話も他人への愚痴も聞きたくないって。


だから誰が相応しくないから誰に託すって選択になるじゃないかな


10年後の地域では

ただ・・・行きかう人が笑顔であいさつを交わしてる・・・

そんなメッセージだけでも十分です。


未来をイメージさせて欲しい。

未来に希望や夢を抱かせてほしい。

そんな未来を選択するから。


できれば真の世界平和までを語って欲しいですが・・・

これまで利害関係者によって選択されていた政治。

これまであまりにもお任せにしていた政治。

これまでに頼りすぎていた政治。

もう脱却しようよ

未来を担う子どもたちは

あっという間に大人になるんんだよ。

では

今を生きる責任世代として、大人として

まず今何をしなければいけないのでしょか?


一人ひとりの心がけ

一人ひとりの輝く背中


その土台があり初めて市民が自分たちの暮らす地域に誇りを持てる市民意識変革による地域創りが始まって行くのです。



アーキア

光がなく栄養分もない、その上に水圧も高い、そんな深海で生息するアーキア。原発に代わる未来の新エネルギーにアーキアの持つ力が注目されはじめていますね。

アーキアとは二酸化炭素を吸収しメタンを創り出す力を持った唯一の生物らしいです。また、浅瀬のアーキアは深海から排出されるメタンを分解する力も併せ持っているようです。

いま、研究が行われようとしているのが、まずはアーキアによるメタン生成の研究。そして、大気中の二酸化炭素を深海のアーキアに与えメタンを合成させ、それを取り出しエネルギーとして活用し、そこから排出された二酸化炭素をアーキアへっていう連鎖を創り出そうという夢の研究。東京都の天然ガス発電所プロジェクトに連動して行くかもなぁ。さすがは株式会社東京都ですね。地域主権の先がけを感じます。

一方、評論家の言う代替・新エネルギー源へ向けてシェールガス、また石炭などの火力への考え方は理解できるが、しかし、二酸化炭素排出量に問題があり過ぎますよね。最悪なのは、相も変わらずにブレてる国のエネルギー政策。経済の活性化は重要だけど、政治家が東日本の震災を皮切りに原発関連との癒着にようやく見切りをつけつつ、「地球にやさしい環境へ」をうたい文句に、次は風力・太陽光・地熱ってありきたりのことで納得させ、これらを全部私利私欲のビジネスに繋げよとする。それでどこの誰にどんなメリットをとか、実現可能年数の10数年の間によっての自分たちへの恩恵は、報酬は、年収はって、大企業や国家間のしがらみに捉われ続けている。

その様な中でも古来よりアーキアは人知れずに地球のバランスを取ってきていたのかな。

日本には資源がないと言われていますが、海洋国家日本の資源にはメタンハイドレートがあり、アーキアもいた。さらには、南北に長い島国ならではの四季折々の自然美がもたらせてくれる恩恵。そして、日本人のアイデンティティと技術力という最も強力な資源がありますよね。それらと連動しアーキアには今も未来も光輝き生きる子どもたちのためにその力をかして欲しいと願います。

でも、その力をかりるならアーキアの訴えていることをよく受け止めておかないと。

アーキアの力は二酸化炭素を吸収しメタンを作ること、逆には、そのメタンの過度な噴出をふせぐこと、これらはあくまでも活動であって、訴え伝えようとしていることは、自己で循環型の世界を創り出しているってこと。

人類も生物多様性にある様に生命一つひとつの個性や繋がりを尊重し、直接的に間接的に支え合える循環型の社会に向け、そして、MOTTAINAIの精神を忘れずに本当の意味での繁栄を続けてほしいものです。

今後もアーキアにも注目して行きます。

燃える氷

子どもや子孫にどんな社会を残したいですか?

特例公債法案と再生エネルギー特別措置法案

世の中にもう必要とされてない人が無責任に言い放つ

原子力からの脱却は理解できるが

その身をきれいに引くカードゲームをするなよ。

未来を担う子どもたちのクレジットカード切るのはもう止めようよ。

本当の事知っているはず

なぜ、声高に言わない

何に、誰に、そんなに気を使っているのか

それでいったい誰がどんな莫大な利を得るのだろうか

メディアをコントーロルしてまで…

政治家でその圧力打破を匂わせたのは…

「戦後レジームからの脱却」

またある方は

「海洋国家日本構想」を言っていたけど。

私たちは責任世代として未来に繋げ託す使命がある


「燃える氷」

次世代の巨大な天然ガス資源

新エネルギー源として期待されるメタンハイドレート

商用化試験に向けた産出に着手し始めたようです。

しかし、なぜかそれに触れる人は少ないですね

まるで何かを恐れるように。

メタンハードレートはメタンと水の結晶物で

海の奥深くに固形状或いはシャーベット状としてあり

日本近海は世界有数の埋蔵量があるといわれています。

そのメタンハイドレード採掘へのハードル

権力者たちの利害関係と合わせて

問題点となっている日本国の背景と現状は

領土・領海問題(北方領土・竹島・対馬・尖閣諸島・シーレーン・領空…)

安全保障問題(資源確保<エネルギー・食糧自給率>・国家防衛・社会保障…)

教育問題(学校・家庭・地域・環境・歴史・倫理道徳・国民主権…)等々

どこかの誰かにより行為に問題山積みにさせられているのはもう誰もが理解している事ですよね。

植え付けられた戦争責任意識に屈するな

権力者の圧力や利害関係に屈するな

何のための政治

何のための人生

世界有数のエネルギー資源大国

世界で唯一それにふさわしいのは日本国だとおもう。

なぜなら、自分の幸せより他が為に生きることができる民族だから。

自国に資源のない日本

また、世界的に石油埋蔵量の減少や

地球温暖化問題に直面している今だからこそ

勇気と誇りをもって「しがらみ」から脱却しよう。


秋には旅にでるために

ツバメの子育ては

見る者に癒しや感動を与えてくれますね。

ツバメの子育て

ツバメの教育は

短い期間の中でもしっかりと

子どもに自立と自律を伝えています。

エサやりでは夕方に多く与えているように見えます。

「虫は夕方にかけて多いよ」

羽根休めは決して巣では行いません。

「エサを取ることは大変なんだよ」


子どもが本能で持っていること。

大きな口をあけて餌を食べたいとアピールします。


アピールしながらも兄弟仲良くします。


糞は命がけで外に落とします。


なぜなら

子どもが巣から落ちる事は死を意味するから。


秋には旅に出るために

こころの笑顔

「未来」という名の木に「こころの花」を咲かせよう。

がんばろう!日本!

ちばりよ〜!日本!

Prey for JAPAN

いま世界中の人々が東北の被災された皆様や

日本国民に向けてエールではなく

それ以上の具体的な行動を起こしています。

何のために?

皆の想いはただ一つだと思う

それは

こころからの笑顔を

取り戻すために

皆が必死に行動をおこしている

募金活動や支援物資活動

現地に入っての炊き出しや

ライブや手紙などのメッセージ

支援グッズの販売やネットを通じての発信

その形は様々で...

大切なことだし

被災された皆様に勇気を与えていることでしょう。

笑顔をもたらせていることでしょう。

でも

お互いに承知している上で

あえて確認しよう

笑顔だけではダメなんだってこと

こころからの笑顔を取り戻してもらおうよ

こころからの笑顔って

どういう笑顔なのか

おもうに

当たり前の日常のなかでのちょっとした笑顔かな

おしく食事をいただき

ぐっすり睡眠をとって

太陽の恵みを体に受け

ときにはケンカをし、また仲良くし

ときには苦しみ辛かったぶん

それを乗り越え輝いて

そんな時に自然に出てくる

当たり前の日常でのちょっとした笑顔が

こころの笑顔だろう

この先

どれだけの道のりがあるかは分からないけど

一歩ずつ進んでいけば

いずれゴールはある

そのために必要なのは

いま具体的な行動を起こしている

世界中の人々と共に誓い合おう

この灯を決して閉ざさないことを

こころの笑顔を取り戻すまで

そして我々は

今回の悲しみを胸に

未来という名の木に「こころの花」を咲かせよう

東北地方太平洋沖地震によせて

東北地方太平洋沖の未曾有の震災から1週間が過ぎようとしています。

20113111446分、三陸沖を震源に国内観測史上最大のM9.0の地震が発生しました。津波や火災で被災されました皆様のご心痛や不安は計り知れないものがあると存じます。そして、今もなおライフラインを絶たれ暖も満足な食もとる事が困難な状況化において、度重なる余震に脅かされる被災地にお住まいの皆様に心よりお見舞いを申しあげます。また、行方が分からなくなったご家族の皆様の心情は計り知れないものがあると思いますし、多くの尊い命を失われた犠牲者のご冥福を心からお祈り申し上げます。

この様な中、偶然にも仙台市塩釜に研修で行っていたのですが、研修開始2時間後間もなくにそれは起きました。小さな横揺れから、それがおさまらずに次第に大きく揺れはじめこと2分間だっただろうか。幸い地震による建物倒壊はなかったのですが、そのあと押し寄せてきた波により一瞬に地域は見るも無残な形にその姿を変えて行きました。その後は被災者となり約48時間後に東北を後とする事と出来たわけですが、その間では暖も食も満足にとれない状況でした。しかし、いま最も気がかりなのは、被災されている皆様が時間がたつにつれ益々食や水分、暖をとる事が困難になって行っていることでございます。被害が広域で物質を供給するとのが難しい状況でしょうが、どうか一刻も早い物質的支援が叶えばと願っています。

今回、心配される中の一つに原発の放射能漏れがございます。報道等では安全な数値としきりに言われていますが、放射能が広くに飛散し生命に及んでいることは事実なのです。情報を一方的に鵜呑みにせずにそれぞれの判断で万全を尽くしていくことが必要であると思って止みません。特にこれからの未来を生きていくかけがえのない子どもたちを被害者にしてはいけません。

また、世界に誇れる強靭な精神文化が各国に驚きと称賛をもたらせています。原発に命をかけて日本の未来のために挑む皆様方、非常時においても混乱や略奪のおきない日本人の国民性。さらに、被災者となり食もつき、わずかな配給にも当然のごとく子どもや弱者を優先に譲り合い、氷点下の中を根気よく感謝の心で待ち並ぶ忍耐強さと秩序をもったその姿勢は、私たち日本人がDNAとして自然に持ち合わせいるアイデンティティであり、これこそが世界に誇れる日本人の品格ではないでしょうか。

また一方では、東北地方太平洋沖地震や、それに伴う計画停電で改めて考えないといけないことは、アナログの重要性、つまり「江戸しぐさ」に見て取れる「もったいない」の精神であると思います。さらに、隣近所との顔の見える生活の大切さは、非常でも復興でも一番の力になってくれることでしょう。しかし、残念ながら、この重要性は個々においても十分承知のことであると思いますが、事態が起きないと気付けない、また、時が過ぎれば忘れて行くサイクルとなっていることです。だからこそ、今こそ日本人の誇りにかけて変わらなければならない時が来ているのではないでしょうか。今すぐに原発を否定はしませんが、でも、原子力発電に依存した豊かすぎる生活が当たり前なのではなく、本当にこれで良いのかと原発から学び取ることのできる勇気と知恵と、それらを一人ひとりの心がけに基づいて、誰にでも取り組める習慣に変えて行くことのできる覚悟と気概、そのイニシアチブを発揮しより早期に問題解決に向けて新たに歩み始めなければいけない時が来ています。人が変われば社会が変わるものなのです、見ているだけじゃなくて、今やれるだけのことを確実な行動に移すことが、より良い未来を創り上げていくこととなるでしょう。

今回の大惨事により再び日本人の心が本当の意味での一つになりましたね。余談になりますが政治の世界においても、もう考えなければいけないのではないでしょうか。また、世界の人々との絆がさらに強く繋がってきたことを誰もが感じ始めていると思います。だからこそ、共に痛みを分け合い、共に力を合わせて、希望に満ちた日本の再復興に向けて、そしてその先にある本物の世界平和実現に向けて、共にがんばりましょう。

Gross National Happiness

〜これからも世界から尊敬される日本であるために、そして本当の豊かさとは〜

20112月、これまで43年間続いた経済大国日本のGDPは中国にそれを抜かれ世界第3位へ。

ある意味大きな歴史の変化にもかかわらず、報道の在り方、或いは日中両国の受け止め方、また、両国民目線での受け止め方もいたって冷静だったように思えます。

その背景の一つに国民一人あたりのGDPは世界平均で8,000ドルに対し、日本は39,5733ドル、一方の中国は3,566ドルで日本の10分の1とあります。中国人はこの数字はもとより、実生活の中で感じる庶民の暮らしはどうなのか?世界第2位の冠に見合うほど豊かになったのか?GDPが上がると言うことで何がどうなるべきなのかを問いただしているようにも思えます。このことからも中国庶民は生活レベルでの経済大国第2位という肩書を冷静に受け止めているようです。

また、日本国民としても冷静に受け止める以前に、いつの間にか定着した無関心な国民性の問題があります。たしかにGDPの数字は我々庶民には実感がないのも分からなくもありませんが、しかし、それは「今を生きる」という考えから、「今も生きる」そして「未来も生きる」という視点から考えれば、この先、少子高齢化等様々な問題が山積みしているのにも関わらず、あまりにも無関心というのは望ましくありません。

しかし、一方では国民目線でのGDPを考える機会がプラスに作用したこともあったとのではと思います。つまり「GDPの成長は何のためにあるのか」という事を改めて確認できる機会であったように思うからです。

中国のコメントにある「GDPで日本を抜くことに意義はなく、我々の生活はまだまだ日本に及んでなく、勝ったのは「量」だけで「質」が伴っていなければ意味がない」とありました。このことからも、GDPの追及への意味や意義を問いただしているように感じます。

さらに、GDPというのは人類に不幸をもたらす生産を含め、様々な事件や事故が起きても拡大するという側面があります。逆に、人々に考える機会を与え、その結果幸せをもたらす地域運動やボランティア活動の多くはお金の動きを伴わず、そのためGDPにはカウントされない側面があります。

このことからも国民目線で求めているのはGDPの成長や数字ではなく、それは、正に世界人類の共通の願いである、心豊かで幸せな社会、GNHGross National Happiness:国民総幸福度)であると思います。

2009年にGNHという、その尊敬すべき取り組みを20年余り前から推し進めているブータン王国のジグメ・ティンレー首相の話を聞く機会がありました。ジグメ・ティンレー首相は普通選挙による国民議会選挙を実施後、選挙によって選ばれたブータンの初代民選首相でもあります。

ブータンは先に述べた国民一人当たりのGDPもわずか1,770ドルで、アジアでも最貧国と捉えがちですが、驚くべきは人口68万人の国民の97%が「幸せである」と感じているのです。

お金や物質的を数値化して図るGDPに相反して、心豊かさである幸福度をもたらすGNH

昨今、世界情勢やアジアにおける変化、言わずと知れた日本の現状、また、近々では中東における民主化への想いにも見て取れる大きな時代の転換期であるといえる中、各国家として進むべき岐路は、そして、私たち人類一人ひとりに出来ること、やらなければならないこととは…

〜親孝行をして、兄弟は互いに力を合わせ助け合い、夫婦仲むつまじく、お互いを信じあう友情、すべての人々に愛の手をさしのべ、学問を怠らず、職業に専念し、知識を養い、人格をみがき、さらに進んで公益のために貢献していくべきである。〜【国民道徳協会訳文による教育勅語の口語文訳】

そう、日本は世界に誇れる日本人としてのアイデンティティを持ち合わせています。少し置き忘れているものの、国民一人ひとりの根っこの部分にある揺るぎない精神性。それはこれからも数字では表せない日本人の誇りであり、それこそがお互いの幸福度を高めて、世界のGNHを成長させて行くこととなるのです。そして、これからも世界から尊敬される日本であるために。

「アインシュタインの予言」より

〜近代日本の発達ほど、世界を驚かしたものはない。この驚異的な発展には、他の国と異なる何ものかがなくてはならない。果たせるかなこの国の、三千年の歴史がそれであった。この長い歴史を通して、一系の天皇をいただいているということが、今日の日本をあらせしめたのである。私はこのような尊い国が、世界に一カ所位なくてはならないと考えていた。なぜならば世界の未来は進むだけ進み、その間幾度か戦いは繰り返されて、最後には戦いに疲れる時がくる。その時人類はまことの平和を求めて、世界的な盟主を挙げねばならない。この世界の盟主なるものは、武力や金力ではなく、凡ゆる国の歴史を抜き越えた最も古くまた尊い家柄ではなくてはならぬ。世界の文化はアジアに始まって、アジアに帰る。それはアジアの高峰、日本に立ち戻らねばならない。吾々は神に感謝する、吾々に日本という尊い国を、作って置いてくれたことを〜

私も一市民、一企業として生活者視点に立った等身大のハッピネスをもたらすことで、心豊かな社会を目指し、未来も生きる子どもたちの為に、平和で明るい豊かな社会を創造していきたと心からそう思っています。

その為にも、こころ花で、人々のこころに幸せの花、そして光輝く未来の花を咲かせます。

「生きる力」が欠乏した世の中へ

経験無くして学びなし

報道でよく取り扱われている「就職難」。

実際はどうなのでしょう?

メディアリテラシーを働かせよく考えてみますと現在は「就職難」ではなく「人材難」であると言うことも言えるのではないでしょうか。

特に多くの雇用をもたらすいわゆる大手企業は、こんな時代だからこそ、会社の理念を理解し行動してくれる、そんな可能性のある「人材」を求めていて、誰でもよい、今年は何人必要だ、と言う時代から変化しつつあるとも言えるのではないでしょうか。

豊かすぎる社会で生きてきた人類には、様々な経験が足りていなく、また、成人して自立を良しとする世の中ではすでになくなっています。

自立とは動物によっては生まれたその瞬間から達成しており

人類であるならば自立し、その後が大切でいかに「世の中のために」生きて、役に立てるか、が重要視されている時代になっています。

さらに、経験不足に生きてきた結果がいま問題になっている社会現象の青少年を巻き込んだ事件や事故、青少年犯罪の低年齢化やイジメ、ニート、モンスターペアレントの出現等があるのではないでしょうか。

これらは、様々な問題にぶつかったときの問題解決の能力の低下や他人とともに協調し、他人を思いやるや感動する心など豊かな人間性が失われている結果だと思います。

いま求められているのは、変化の激しい社会だからこそ「たくましく生きる力」を必要とされているのです。

人類として明るく豊かに今も生き、未来も生きるために

国家100年の計は教育にあり

果てしないチャレンジですが「生きる力」を育む機会である「第6回なかつ100km徒歩の旅」を通じ、子どものたちの「生きる力」を育んで参ります。